FC2ブログ
にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ ブログランキング ドット ネット
 

テクニカル講座上級の部屋

ほったらかしのメタトレードで資産1億円を目指す
 
 
最新記事
お勧めサイト
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カテゴリ
★ アフェリエイト ★ 
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最強EA

最強EA 9.2

無料ダウンロード

第7回 相場での心得 

はじめに


ブログをご覧の皆様方、いかがお過ごしでしょうか?

しばらく投稿していなかった、テクニカル講座ですが、

しばらく私自身が、あれこれと熟考に熟考を重ね、

ようやく体系的に説明していくための道筋が

できてきたので、今回、7回目の執筆をするに至りました。

 

相場での心得


偉そうですね。

実に偉そうなタイトルであります。

まあ、独り言と思って聞いていただければと思います。

 

ブログの方のテクニカル分析と、相場予想の方も

かなり精度が良くて、実際のトレードの方でも

ようやく利益が出てきています。

 

まだまだ、偶然なのか必然なのか分かりませんが、

ブログを始めたころに比べると、やり方が変わってきている気がします。

 

今回の執筆にいたるまでに、

何をしていたのかといいますと

 

実は、 「山を走っていました」

 

またまた、なんじゃそれはと言われるかと思いますが、

 

それこそ、山を走りながら、

修行僧のごとく考えにふけっていたわけです。

 

「 自分に欠けているものは、何なのか? 」

迷いの原因に気づき、その答えを導くには

それこそ、非常に時間がかかるものです。

 

考えても分からない、やってみても分からない。

無理に考えても答えが出ないときは出ないんです。

参考文献 : 思考の整理学(ちくま文庫) → ちなみに、この本は、「京大、東大生の中で、一番読まれた本」 らしいです。

 

余談ですが、おとつい会社の健康診断にて、バリウムを飲みました。

翌日、バリウムが出ない焦りもあり、何度もトイレに駆け込んでみましたが

出ませんでした。

 

がんばっても出ないときは出ないんです。

 

案の定、バリウムは翌々日の朝になって出たのですが・・・・

 

アイデアなんて、そんなものです。

 

今回は私が、山を走りながら、バリウムでお腹を満たしながら、

考えたことを書かせていただきます。

 

PS.

このブログのモットーとしては、やはり初心者のためのテクニカル講座という

分かりやすさを重視したいと思っています。

 

ちょいちょい脱線めいた話や自虐ネタを満載していますが、

さらりと受け流していただければと思います。


リンクや画像については、個人の使用の範囲と考えておりますが、

万一、無断転用とかでお叱りを受ける場合には、すみやかに削除いたしますので、

ご指摘いただきたく思います。


 

先日からの日経平均の予想ですが、ほぼ予想どおりの流れになっています。

しかしながら、ブログで書いているテクニカルの基礎講座とは矛盾している

部分もあり、私も悩みながら、いろいろ後付けで理由を考えるようになったのです。

 

前回のおさらいになりますが、フィボナッチエクスパンションを使えば

ほぼ予想できることをお話しました。

http://1969681.blog66.fc2.com/blog-entry-106.html

日経平均のチャート分析結果です。

このころまでは、かなり順調な流れだったのですが、

この後から、ちょっと雲行きがあやしくなってきたのです。

いまは、下落なのか? 上昇なのか?

まったくもって予想の付かない状況になっております。

 

相場には

好調な時と、そうでないときがあります。

小学生でも分かるように、図示してみますが・・・・

 

一般的な上昇基調の相場であれば、相場は登山に似ており、

登山家は足場を固めながら一歩一歩、上っていきます。

ですので階段上にノコギリ波形をつくって上っていきます。

こんな波形を 「 エリオット波動 」 なんていう人もいますが、

私の自論からいえば、登頂論とでも言いましょうか・・・

 

山を登るには、人が通った「足場」を踏んでいけば、安全かつ確実に

上っていくことができるといえます。

 

このとき、自分なりの歩き方をすると、足を踏み外して

捻挫したりすることになります。

 今更ながらですが、運動に不慣れな方にはサポータは重要ですよ。

 

 

ですので、

ここで言える事は

 

「 相場が順調であるならば、多勢に従え 」

 

ということになります。 

 

し、しかしながら、

 

自然を相手にしている以上、自然の移り変わりは烈しく

時には霧が立ち込める状況もやってきます。

 

 

さて、そんなとき、あなたはどういう行動をしますか?

 

しばらく待つことができるならば、

直ぐに晴れ間が来るかもしれません・・・

 

見通しの良い、別のルートが見つかれば、

それも一手でしょうね。

 

信念と運を信じて、強行突破するという方は

痛い目にあうことになるかもしれません。

 

最悪な危険は、まだまだ潜んでいるのですから。。。

 

例えば、

崖っぷちから、奈落の底に落ちるような・・・・

 

もしくは、

突然の落雷に遭遇するような・・・

 

そんなとき、我々に残された選択肢とは・・・

 

やはり準備につきるんです。

 

手元にラジオがあったなら、

天気予報を知ることもできるし、

 

地図があれば迂回路や安全な場所を

探すこともできるし、

 

食料や水があれば、天気が回復するまで

ビパークもできるし、

 

いずれにしろ、山での判断や行動は

持ってきた装備によって、

その選択肢が大きく変わってくるのです。

 

残念ながら、2009年7月16日に北海道大雪山系トムラウシ山で

悪天候に見舞われ、多くの方が遭難する事故がありました。

 

山の世界と同じく、相場の世界でも

人生をかけて勝負する人などもいるようですが。。。

 

大切なことは、生きて帰ってくることです。

 

下山して、初めて登山が終わるんです。

 

相場も同じです。

 

今回、かなり熱く、相場論を登山論にたとえて

語ってしまいましたが、

 

やっぱり本当に重要なことは、

「十分な情報と、十分な準備と、的確かつ安全な行動」

だということです。

 

十分な経験があれば、怪しい兆しに対しては、

むしろ、それを好機にとらえることも可能です。

 

しかしながら、危機に怯えるぐらいであるならば、

慎重に慎重を重ねていかなければなりません。

 

最後の教訓になりますが・・・

「 ラッキーだけで、相場はできません。」

「 相場に賭けをしてはいけません。」

 


 

今回のレクチャーで

私が、ながらく山で熟考していた理由を理解していただいたと思います。

 

次回は、このような相場の教訓を踏まえて、

いかに、安全に相場に立ち向かうかという

方法について、語って行きたいと思います。

 

FX、始めるなら今!

 

今後も本ブログにて、ぜひガイドをお願いしたいと思われる方は

清き一票をお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

 

スポンサーサイト



第5回 ブレイクアウト 

はじめに

ブログにご来場ありがとうございます。

本ブログのテクニカル講座ですが、

過去に投稿した内容ですが、少しずつ更新しており、

ちょっとづつ、ぶっきらぼうなレクチャーが

少しづつ体系化されて、丁寧な文面になってきました。

 

皆様からの、感想など、

コメントいただければと思います。

 

それでは第5回目のレクチャーの

はじまり、はじまり。。。。

 

 


 

ブレイクアウト

さてさて、

ブレイクアウトという言葉をご存知でしょうか?

およそ世の中に出回っているFXの書籍に書いてある、

当たり前のことです。

 

相場が形成されていく際の、価格の動きというのは、

下落トレンドでは上値抵抗線が、

上昇トレンドでは下値支持線が形成されていきます。

 

支持線や抵抗線は、価格が反転しやすいポイントであり、

トレーダの多くは、このポイントで待ち構えています。

 

ですので、支持線や抵抗線を破るには、

それ相当の勢力が必要になってきます。

 

ですので、支持線や抵抗線が有効と見なされる相場では、

支持線や抵抗線付近で、待ち構えることは

有効な売買手法です。

 

このような張り方を、逆張りと呼んでいます。

 

しかしながら、株価の流れというのは、

世の中の政治、経済、金融の材料(ニュース)が起こると、

このルールに従わなくなります。

 

抵抗線が破られるということが明らかになると、

破った勢力だけでなく、それまで逆張りで待ち構えていた

反勢力までもが損失を恐れるために、

慌てて決済の注文を行い勢力側に加わります。

 

これがいわゆるブレイクアウトというやつです。

 

ダムが決壊してあふれる鉄砲水のごとく・・・

250px-Teton_Dam_failure.jpg

 

歯どめが利かない暴走列車のごとく・・・

 

それがブレイクアウトの恐ろしさなのです。

 

ですからブレイクアウトに逆らってはなりません。

あなたがスーパーマン(この場合はスーパーな資産家)で無い限りは。。。。

 


 

売買ポイント

今回はそんなブレイクアウトの活用方法をお教えします。

 

ブレイクアウトを利用した売買手法では、ブレイクアウトが起こった事実が

トリガーになります。

 

すなわち

上値抵抗線が破られれば、買いポイント

下値支持線が破られれば、売りポイント

 ということになります。

sell.jpgbuy.jpg

およそ、世の中のチャートの教科書には、

「あたりまえ」に書いてあることですが、

これを「あたりまえ」に実践するのは、

なかなかあたりまえに出来ないのが現状でしょう・・・

 

本ブログでは、簡単にブレイクアウトを判断するチャートを紹介しています。

 

MTブレイクアウト法について

MTブレイクアウト法は過去の下値支持線と上値抵抗線から、

将来的なブレイクラインを予想ラインとして想定し、

それに対してブレイクアウトを検出する方法です。

(MTとはちなみに作者のイニシャルです。)

 

チャートの中身

下値支持線と上値支持線は、実体線と、予想線の二つから構成されています。

ooo.jpg

 

実体線

実体線は過去の実績から計算されるトレンドラインです。

トレンドラインを形成する高値や安値は、一定区間における極大(小)の値であり、

MTブレイクアウト法では移動平均からの乖離率の最大点で定義しています。

最高値および最安値をそれぞれ結ぶことで、乖離率最大のラインを形成します。


これより計算されるトレンドラインは過去の株価(既成の事実)から

再帰的に計算されるものであって、将来の予想を行うものではありません。

 

予想線

予想線は実体線を延長したものです。

トレンドラインは最高値や最安値を結んだ同一ラインであり、

区間のトレンドラインの延長上に形成されやすい特徴があります。

区間トレンドラインからの延長により、将来の想定範囲を決定する線です。

 

計算方法

ここで時系列データからブレイクアウトを具体的に計算する手法について解説します。

高値、安値については、ヒゲは無視して、基本的には終値で計算しています。

 

1)移動平均線の計算

 移動平均は、当日を含む株価データで過去の基準日数をベースとして求めた平均値です。

いくつかの移動平均線がありますが、MTブレイクアウト法では指数平滑化移動平均を使っています。

別に乖離率さえ分かれば、つまり何でも良いんですが、ダマシが出にくい特徴があります。

 

2)乖離率の計算

乖離率は移動平均値からのズレを示しており、最も乖離が大きくなるときは

つまり標準偏差が最大(小)になる点です。

 

3)極大(小)点の計算

移動平均の上側と、下側でそれぞれグループを生成します。

株価は乖離率が最大(小)に達すると、一度は移動平均線に戻ってくる修正がありので

株価は移動平均線に対して上、下、上、下という反復を繰り返すことになります。

上は上のグループ、下は下のグループで乖離率の最大(小)を結んでいくことで、

区間の支持線と抵抗線が描けることになります。

 

このように乖離率が極大、極小になるポイントにて支持線や抵抗線が発生しやすくなります。

 

売買ルール

ブレイクアウトの売買ルールは先ほども述べましたが復習します。

買い 予測抵抗ラインを上に抜けた場合

売り 予測支持ラインを下に抜けた場合

 

下記の例では赤い点が予測支持線、青い点が予測抵抗線になります。

この売買ルールに従った、サインも表示しています。

 

本ブログのサイドにも表示していますが、

このチャートはEXCELで作成しており、

以下のリンク先からダウンロードできます。

https://drive.google.com/drive/folders/0B25N1Xc5TfvGR01sQ082LWtacUU

ダウンロードの際には、下記の人気投票にご協力をお願いいたします。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ブログランキング・にほんブログ村へ

どうもウソくさい、円相場の動き 

いったん下値を確認しに行き、

その後、連日の高値を更新中の円相場ですが、

あまりにも急なリバウンドであり、これは非常にうさんくさいと思っています。

90.5円付近に一目均衡表の雲がありますので、

来週中に、いったん88.3ぐらいまでは戻しそうです。

FX、始めるなら今! 

円相場

 

ブログ人気投票に投票をお願いいたします。

 

FX、始めるなら今! 

 

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

FC2カウンター
メインコンテンツ
リンク
プロフィール

motochan

Author:motochan
【ご挨拶】

このブログのモットーとしては、やはり初心者のためのテクニカル講座という分かりやすさを重視したいと思っています。ちょいちょい脱線めいた話や自虐ネタを満載していますが、さらりと受け流していただければと思います。リンクや画像については、個人の使用の範囲と考えておりますが、万一、無断転用とかでお叱りを受ける場合には、すみやかに削除いたしますので、ご指摘いただきたく思います。
詳細はコチラ>>
ブログ村