FC2ブログ
にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ ブログランキング ドット ネット
 

テクニカル講座上級の部屋

ほったらかしのメタトレードで資産1億円を目指す
 
 
最新記事
お勧めサイト
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カテゴリ
★ アフェリエイト ★ 
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最強EA

最強EA 9.2

無料ダウンロード

第6回 VBAでIEを起動する   

 

WEBアプリを作る目的ですが、システムトレードやブログの更新などをするようになると、

インターネット上のホームページにアクセスすることが頻繁になってきます。

たとえば、このブログですが、チャート表示してアップロードするのも

毎日やっていると、大変なので自動化しています。

 

こういう単純作業は、累積するとかなり大きな時間になるので、

これらの時間を、お金で換算したとすれば、非常に大きなものになります。

 

それこそ、投資に匹敵ぐらい・・・

 

このVBA講座というのは、これらの煩わしい作業を自動化して

合理化を行うという点で、投資手法の一つとして、紹介していきたいと思います。

 

 


 

 

簡単なログインバッチの作り方

 

まずは、VBAを使って、インターネットのホームページに自動アクセスすることから

はじめてみましょう!

 

ログインするための、手順を示します。

 

1)インターネットエクスプローラを起動する。
2)ログインIDを入力するページを表示する。
3)ID、パスワードを入力する
4)ログインボタンを押す

 

EXCELを開いて、

VISUAL BASICのエディターを開いてください。

 

 

何をいきなり高度なことを言うてんねん・・・・

いろんなクレームが出るかもしれません。

 

しかし、これぐらいはできないと、後はもっと洒落にならなくなります。

 

頑張ってついてきてください。

 

さてさて、いきなりプログラムを組んでもよいのですが、

WEBアプリの仕組みを説明する上で、もっと簡単にできる方法があります。

 

それは、

 

イミディエイトウィンドウです。

 

VBのメニューの中から、イミディエイトウィンドウを選んでください。

 

画面の下に空白のウィンドウが出たと思います。

 

「Immidiate」 とは 「ただちに、すぐに」という意味でして、

ここに記述することで、簡単にVBAを実行することができます。

 

それでは、次に進みます。

 

以下の記述を入れてみてください。

ただし入力は1行ずつ行い、必ず改行して各コマンドを実行してください。

 
Set IE=CreateObject("InternetExplorer.Application")+改行
IE.Visible = True+改行
 

 


CreateObjectによって、ウィンドウズを構成している窓(=COMコンポーネント)を参照して

新しい窓(=インスタンス)を作成します。

 

図示するとこんな感じです。

IEというのは。。。。

 窓の識別するための名前です。

 

以降は、オブジェクト変数IEが、インターネットエクスプローラ自体だと

思ってください。

 

詳しくは下記のページを参照ください。

CreateObject 関数 (Visual Basic)

 

インターネットエクスプローラーはWebブラウザクラスという組織に属しています。

詳しくは下記のページを参照ください。

WebBrowser クラス

 

このオブジェクトには、いろいろな指示(=メソッド)を与えることができます。

最初に入力していただいた、IE.Visible=Trueは、プロパティのひとつです。

窓の状態を示しており、ここにTrueを代入することで、見えるようになります。

 

さてさて、白紙のウィンドウを眺めていても

何も面白くありませんので、ここにログインページを表示させましょう。

 

アドレス欄に何も入っていませんのでURLを指定します。

次の楽天証券のURLを指定してあげましょう。

https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/rfx/login.html

 

イミディエイトウィンドウに、以下を入力してみてください。

 

 
IE.Navigate "https://www.rakuten-sec.co.jp/web/fx/rfx/login.html" +改行
 

 

そして、ENTERを押せば・・・

 

はい

 

ログインウィンドウが出ました。

 

 

どうでしょうか?

ちゃんと出ましたでしょうか?

ちゃんと出ない場合は、IEオブジェクトがきちんと開放されていないのかもしれません。

 

VBAから直接、エクスプローラを動かす方法について

なんとなくは、理解いただけましたでしょうか?

 

次回は、ログインバッチによるログインの方法を伝授いたします。

 

今回の記事がお役に立ちそうと思われた方は、ブログ人気投票に投票をお願いいたします。


 

参考記事

 

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://1969681.blog66.fc2.com/tb.php/144-5d782ec1
FC2カウンター
メインコンテンツ
リンク
プロフィール

motochan

Author:motochan
【ご挨拶】

このブログのモットーとしては、やはり初心者のためのテクニカル講座という分かりやすさを重視したいと思っています。ちょいちょい脱線めいた話や自虐ネタを満載していますが、さらりと受け流していただければと思います。リンクや画像については、個人の使用の範囲と考えておりますが、万一、無断転用とかでお叱りを受ける場合には、すみやかに削除いたしますので、ご指摘いただきたく思います。
詳細はコチラ>>
ブログ村