FC2ブログ
にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ ブログランキング ドット ネット
 

テクニカル講座上級の部屋

ほったらかしのメタトレードで資産1億円を目指す
 
 
最新記事
お勧めサイト
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カテゴリ
★ アフェリエイト ★ 
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最強EA

最強EA 9.2

無料ダウンロード

第10回 トレンド系のテクニカル指標 

[テクニカル分析]ブログ村キーワード

まずお読み下さい。

 

前の記事の続きであるが、

今回はトレンド系のテクニカル指標についての話です。

 


 

トレンド系のオシレータとしては

移動平均線をベースにしたものが

あげられる。

 

今回はトレードで人気の高いMACDについて、

実際の値動きと、指標の変化について

例を見ていくことにする。

 

下記のチャートを見て欲しい。

前半は上昇のトレンド傾向がはっきりしているが、

後半に持ち合いになったような

値動きである。

 

MACD

 

一般的な売買としては、MACDとシグナルを使った、

GC、DCの売買が一般的である。

 

実際のチャートと照らし合わせると、

前半の上昇トレンドでは、 GC → DC → GC → DC と

トレンドの波がタイミング良く捕らえられている。

 

後半の持ち合い部分では、GC,DCが明瞭でなく、

ダマシのサインが現れている。

 

MACDの特徴をまとめると、

・トレンド相場に適している

・レンジ相場には適していない

ということになる。

 

またRSIの部分でも触れたが、MACDにもダイバージェンスが存在するようだ。

 

今回、紹介したMACDの特徴と、

前回、紹介したRSIの特徴を交えると、

両者を組み合わせることで、

トレンド相場でも、レンジ相場でも有効な指標となる

ことが分かってもらえたと思う。

 

 


 

この記事が参考になったと思われる方は

下記のブログ投票にアクセスくださいね。

にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ FX サラリーマン投資家へ にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 株ブログへ にほんブログ村 株ブログ 株 デイトレード・スイングへ

 

 

 


 

関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://1969681.blog66.fc2.com/tb.php/190-e92d17cd
FC2カウンター
メインコンテンツ
リンク
プロフィール

motochan

Author:motochan
【ご挨拶】

このブログのモットーとしては、やはり初心者のためのテクニカル講座という分かりやすさを重視したいと思っています。ちょいちょい脱線めいた話や自虐ネタを満載していますが、さらりと受け流していただければと思います。リンクや画像については、個人の使用の範囲と考えておりますが、万一、無断転用とかでお叱りを受ける場合には、すみやかに削除いたしますので、ご指摘いただきたく思います。
詳細はコチラ>>
ブログ村