FC2ブログ
にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ ブログランキング ドット ネット
 

テクニカル講座上級の部屋

ほったらかしのメタトレードで資産1億円を目指す
 
 
最新記事
お勧めサイト
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カテゴリ
★ アフェリエイト ★ 
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最強EA

最強EA 9.2

無料ダウンロード

第12回 楕円インジケータの発見 

 

ドイツの学者ヴェーゲナーは、南アメリカとアフリカの海岸線が

似ていることから、大陸移動説を唱えたらしい。

 

 

 

かく言う、私も最近、為替に関して気づいたことがある。

 

たとえば、ここに円、ドル、ユーロの3通貨があったとしよう。

image

 

通貨というのは、クロストレードで成り立っており、

単純な1対1の関係で推移していないということである。

 

これは3通貨の主成分分析をしていて気づいたのであるが、

為替の変動は、常に3次元の空間(3通貨の場合)に

主成分軸をもって推移しているのである。

 

image 

 

為替が二次元平面を推移しているのであれば、

線形にジグザグで近似するモデルが成り立つ。

 

実際、世の中のブレイクアウト理論においては、

2次元平面にトレンドラインが引かれていた。

 

しかしながら、上記のように3次元空間上での推移モデルを仮定すると、

トレンドラインは実は線ではなく、空間上に形成された面(トレンドサーフェスとでも言うべきか・・・)

となりうるはずである。

 

そして、空間上のトレンド面は、球体もしくは楕円体であり、

これが二次元平面上に投影されるのではないかと・・・・

 

 

以下に楕円形状でチャートをフィッティングした例を示す。

(チャートはメタトレードの楕円図形で書いてみた。) 

 

5分足

image

 

一時間足

image

 

どうだろうか?

ぴったり当てはまってくるのではないか!

 

 

実は楕円に行き着く前は、スパイラル曲線でモデル化していたのだが、

チャートを180度ひっくり返してみると、反対側にもスパイラル曲線が存在しており、

このことから、楕円によるフィッティングが妥当と判断した。

 

 

もちろん、このような事実に気づいている方も

この世の中にはいるとは思うが、

このような推移モデルを知った上で、

チャートを見ると、これまで見えなかったものが

見えてくるような気がする。

 

とりあえず、メタトレーダの標準機能で、このような図形が描けるのはありがたい話である。

https://www.metatrader5.com/ja/terminal/help/objects/shapes/ellipse

 

楕円フィッティングについては、最小二乗計算でできるため、

なんとかインジケータ化を試みてみたいと思っている。

https://imagingsolution.blog.fc2.com/blog-entry-20.html 


関連記事
スポンサーサイト



コメント
この記事は目からウロコですね。

またちょくちょく見に来ますね~

私もこれから見習ってトレードしていきたいと思います。
楕円テクニカル、興味深いですね♪
残念ながら、EAの配布は終了していたみたいですが、
テクニカルの1つに加えてみたいと思います。
また、遊びに来ます(‐^▽^‐)
http://fx-learning.net/














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://1969681.blog66.fc2.com/tb.php/295-58486c0f
FC2カウンター
メインコンテンツ
リンク
プロフィール

motochan

Author:motochan
【ご挨拶】

このブログのモットーとしては、やはり初心者のためのテクニカル講座という分かりやすさを重視したいと思っています。ちょいちょい脱線めいた話や自虐ネタを満載していますが、さらりと受け流していただければと思います。リンクや画像については、個人の使用の範囲と考えておりますが、万一、無断転用とかでお叱りを受ける場合には、すみやかに削除いたしますので、ご指摘いただきたく思います。
詳細はコチラ>>
ブログ村