FC2ブログ
にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ ブログランキング ドット ネット
 

テクニカル講座上級の部屋

ほったらかしのメタトレードで資産1億円を目指す
 
 
最新記事
お勧めサイト
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カテゴリ
★ アフェリエイト ★ 
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最強EA

最強EA 9.2

無料ダウンロード

すべらない話(2) 韓国エステ 

ちょっと前の話・・・

 

ネカフェでHP見ていたら、長岡京に韓国エステがあるというではないか・・・
会社の帰りにちょっと立ち寄ってみた。 場所は駅前のバス通り・・・
ampmを超えて進んでいくと、道端にネットで見た看板があった。
ビルというよりは普通のマンションだった。
2Fに階段を上ってみると、一番手前の部屋の扉に
韓国エステと書いてある。






「ピンポーン」

チャイムを押すとなにやら中から中年のおばさんが出てくる。
とにかく冷やかしついでなので、部屋に入ってみると
普通の2DKのアパートで奥にはちゃぶ台と冷蔵庫と炊事場がある。

手前と奥の部屋はフスマを締め切っていたが、おそらくこの間取りから言えば、手前は6畳間、奥は6畳間であろう・・・

とりあえず、おばちゃんに麦茶を入れてもらい、話を聞くことにした。
お店の営業の内容とか、開業までの経緯などを聞いているうちに、なんとなく不憫になってきた。
おばちゃんは中国からやってきて10年も日本でこのような商売を続けているらしい。ほかにも何箇所かに店舗を抱え、自分でも店長と言っていた。

俺が「この近くに住んでいるんですけど」というと、おばちゃん、何を考えたのか「あんた一緒に住もう」だって・・・

しばらくすると、別のおばあちゃんが帰ってきた。70歳近い老婆である。(おいおい、この店はこんなんで営業しているのか?)
よくよく話を聞くと、そのお婆ちゃんは、おばちゃんの実の母親らしく、日本国籍らしい。

 

俺は中国語で二人が話をしているのを聞いて、韓国エステなんて嘘っぱちやんけとケチをつけると、実の父親は韓国籍らしくて、だから韓国エステで正しんだとか、そんなどうでもいい内容を親身になって聞いてあげていた・・・

だんだん、この二人が可愛そうになってきて、冷やかしだけでは申し訳なくなって、とりあえず1000円を置いて帰ることにした。

帰り際、またまた道端の看板を目にして、とんでもない広告ではあったが、二人の妙に微笑ましい笑顔に免じて、暖かく見守ってあげようと帰路につくのであった。

9/30の日記にて報告した長岡京市の韓国エステおばちゃんが逮捕されてしまった。

 

記事を添付してみる。


韓国式エステ経営者ら逮捕 風営法違反容疑で京都府警 京都府警生安対策課と向日町署は24日夜、風営法違反(禁止地域内営業など)の疑いで、長岡京市長岡2丁目、韓国式エステ「夢」経営三堂愛子容疑者(39)=同所=を逮捕した。

調べでは、三堂容疑者は店舗型風俗店の営業ができない同市長岡2丁目のマンションの一室で、今年10月28日から11月7日までの間、客に性的なサービスを提供した疑い。

府警は、性的なサービスを客に行ったとして、同法違反ほう助の容疑で中国人従業員(37)も逮捕した。

 

だいたいな、あんな人通り多い目立つ場所で

うさんくさい看板出していたらそりゃ、目えつけられるで

 

おばちゃん、観念せえや~


images.jpg


関連記事
スポンサーサイト



コメント















 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://1969681.blog66.fc2.com/tb.php/315-8c72dcd5
FC2カウンター
メインコンテンツ
リンク
プロフィール

motochan

Author:motochan
【ご挨拶】

このブログのモットーとしては、やはり初心者のためのテクニカル講座という分かりやすさを重視したいと思っています。ちょいちょい脱線めいた話や自虐ネタを満載していますが、さらりと受け流していただければと思います。リンクや画像については、個人の使用の範囲と考えておりますが、万一、無断転用とかでお叱りを受ける場合には、すみやかに削除いたしますので、ご指摘いただきたく思います。
詳細はコチラ>>
ブログ村