FC2ブログ
にほんブログ村 為替ブログへ にほんブログ村 為替ブログ バイナリーオプションへ にほんブログ村 為替ブログ FX テクニカルトレード派へ にほんブログ村 株ブログ 株の基礎知識へ ブログランキング ドット ネット
 

テクニカル講座上級の部屋

ほったらかしのメタトレードで資産1億円を目指す
 
 
最新記事
お勧めサイト
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カテゴリ
★ アフェリエイト ★ 
今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。
カレンダー
02 | 2021/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最強EA

最強EA 9.2

無料ダウンロード

第11回 相場のエネルギー論 

にほんブログ村 為替ブログへ

 

 

相場のエネルギーは位置エネルギーで考えること

 

 

前にも相場は山登りだとお伝えしましたが、今回はその続編です。

 

第3回 チャートとはどんなもの?

第7回 相場の心得

 

山登りには非常にエネルギーが必要です。

 

そのためには、山を一気に登らずに、小まめに休憩を取ることが必要です。

休憩には、水分やエネルギーを補給しつつ、筋肉を休めることが大事です。

 

相場で言えば、上げ下げを繰り替えす状態(=レンジ相場)を示しています。

 

もちろん、無限に高い山と言うのはありませんので、いつかは山頂にたどり着くことになります。

 

登っている期間が長くなるほど、相当に高い山に登っています。

 

100802165221_b

 

しかしながら、山登りできる時間帯と言うのは、普通は日中に限られているため、

夕刻には下山しなければなりません。

 

下山時は楽なため、休憩なしでも一気に降りることができます。

 

相場で言えば、一気にブレイクアウトした状態(=トレンド相場)を示しています。

 

このとき、山が高ければ、高いほど、下山に必要な時間は長くなります。

 

相場で言えば、レンジ相場が長く続けば続くほど、

ブレイクアウト後のトレンドが強いことを示します。

 

 

 

安全な下山方法とは

 

 

登山では下山時は、スピードを落として下山する方が安全と思われがちですが、

実は、この方が着地回数が多くなるため、足への負担が大きく、

怪我などを引き起こす危険も高くなります。

 

ちなみに私は、登山と、トレイルランを趣味でやっていますが、

下山時はトレイルランで降りた方が、圧倒的に楽です。

 

下山時は、ある程度のスピードに任せることと、着地回数を減らすことが

足への負担や、怪我の率を下げることができます。

 

相場で例えるならば、

トレンド相場では、

順張り(=速度を早くする)の方が安全であり、

逆張り(=速度を遅くする)のは危険である

 

 

【送料無料】RUN+TRAIL(vol.1)

【送料無料】RUN+TRAIL(vol.1)
価格:1,050円(税込、送料込)

 

 

今回は相場の高値の話をしていますが、実際には安値の話もあります。

この場合は、山ではなくて、海に潜っているイメージを想像してみてください。

 

潜るよりも、浮上する方が圧倒的に早いですよね。

 

このようなイメージで相場を捉えることが大事です。

 

 

本ブログで紹介した、インジケータ Dot_Count (09/21)では、

トレンドとレンジを見分けることができます。

 

 

 

2段目のノコギリ波形がDot_countのチャートです。

 

ノコギリ波形の見方としては、

 

波形が右上がりの時は、トレンドの転換を示し、

波形が右下がりの時は、トレンドの継続を示しています。

 

波形の高さが、相場のフラストレーションを示しており、

波形が高くなるほど、トレンド継続が長くなります。

 

 

 

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 

関連記事
スポンサーサイト



コメント
さすがに趣味がトレランだけありますね。

相場を山に例えるこのブログは、
かなり独自性があって、素晴らしい内容です。

もっと執筆お願いいたします。














 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
 
http://1969681.blog66.fc2.com/tb.php/414-e0c74523
FC2カウンター
メインコンテンツ
リンク
プロフィール

motochan

Author:motochan
【ご挨拶】

このブログのモットーとしては、やはり初心者のためのテクニカル講座という分かりやすさを重視したいと思っています。ちょいちょい脱線めいた話や自虐ネタを満載していますが、さらりと受け流していただければと思います。リンクや画像については、個人の使用の範囲と考えておりますが、万一、無断転用とかでお叱りを受ける場合には、すみやかに削除いたしますので、ご指摘いただきたく思います。
詳細はコチラ>>
ブログ村