FC2ブログ
にほんブログ村 為替ブログ システムトレード 自作EA派へ にほんブログ村 為替ブログ ユーロドルへ

ほったらかしのメタトレードで資産1億円を目指す

今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。

今月から楽天のアフェリエイトをやっています。
サイトを経由するだけで、購入金額の1%が懐に入ってきます。
ぜひぜひ、皆様もお試しくださいね。

03 | 2021/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最強EA 9.2

無料ダウンロード

昨日は通信の仕方について、学ばなければならないと認識。

キーワードとしては、IOTなどで言われている、分散ネットワークのことらしいが・・・

https://www.hulft.com/special-column/iot-architecture_01/iot-architecture_05


https://cloud-textbook.com/60/

もうだるだる。。。

しかしながら、我が社もIOT部門などもあり、



実はソフトウェア開発をやっている。

なので、これらの勉強は、いずれ身になる可能性があり
情報は仕入れておこうと思う。

--------------------------------
分類
キュー・メッセージングについて、下記の分類があります。

PTP (Peer To Peer) モデル または キューモデルPTP モデルは、1本のキューがあり、送信側と受信側が 1対1 の形になっているものです。
Pub/Sub (パブ・サブ) モデルPub/Sub モデルは、Publish/Subscribe のことで、 送信側と受信側のレイヤがわかれており、1対1 もできますし、1対多 にすることもできます。 「出版-購読型モデル」と言うこともあるようです。
さらに別の切り口として、PULL・PUSH があります。

PULL受信側が、新しいメッセージを取りに来るタイプ。 例えば1秒に1回とか、1分に1回などの頻度でメッセージを取りに来るので、その分のタイムラグが発生します。
PUSH新しいメッセージがあると (比較的) すぐに受信側に送りつけるタイプです。
例えば Amazon SQS は、PTP モデルであり、PULL のみです。 Google Pub/Sub は、Pub/Sub モデルであり、PULL と PUSH 両方が可能です。
---------------------------------

ちなみにzeroMQのマニュアルに記載されていたのは

-----------------------------------
第 1 章「基礎」で最初の 3 つは既に見てきました。そして排他的ペアのパターンは後の章で
やります。zmq_socket() の man ページはパターンについて詳しく説明していますのでよく
理解できるまで何度か読み返すだけの価値はあります。以下は接続と bind を行う際に有効な
ソケットペアの組み合わせです。(どちら側でも bind 出来ます)
• PUB と SUB
• REQ と REP
• REQ と ROUTER
• DEALER と REP
• DEALER と ROUTER
• DEALER と DEALER
• ROUTER と ROUTER
• PUSH と PULL
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今回のシステム開発は、通信ができれば何でもよさそうなので、
この辺はパスして、次のコーディングに進むことにする。
(システム完成までの貴重な時間を、1日ロスしてしまう。)


今後のスケジュールをザクっと書く

・PYTHON-MT4 メッセージ通信仕様の確認
・LOCALHOSTでのHEBHOOK受審(python側)
・MT4へのメッセージ送信(通貨ペア、HI/LOシグナル) (python側)
・MT4でのメッセージ受信
・MT4、該当通貨ペアでの分足データのCSV出力

ここまでを今月中に完成することを目指したい

関連記事
スポンサーサイト





2019/08/22 07:14|MT4連携TB:0CM:0

管理者にだけ表示を許可する

トラックバックURLはこちら
http://1969681.blog66.fc2.com/tb.php/575-502bd53c

motochan

Author:motochan
人に感謝されることをやっていく。誰かに喜ばれること。先に歩いて、道を作っていくこと。喜ばれることを、生きがいにしていく。時代は、後でついてくるもの。自分で感じたことを、自分がやっていく。世の中にないものは、自分で考えていく。理想とするものは、自分が自ら考える。自己の満足が、他人の満足につながる。


詳細はコチラ>>

Copyright(C) 2006 テクニカル講座上級の部屋 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.